山岳保険の主な種類

山岳保険の商品は保険会社によってさまざまですが、その種類は大きくわけて2つあります。

まず1つは、軽登山やハイキングなどを楽しむ一般登山者向けの保険。そしてもう一つは、本格的な登山を行う方向けの山岳保険です。

これらは保険料金が異なるのはもちろん、補償範囲の広さにも違いがあるため、山岳保険を掛ける時は自分の登山スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

ここでは、それぞれの山岳保険の特徴を紹介します。

軽登山向けの保険

ピッケルやザイルなどの登山用具を必要としない一般的な登山やハイキング、山歩きなどを補償対象とした山岳保険です。

他のスポーツ保険やレジャー保険同様、国内旅行傷害保険に登山向けの補償を付加したもので、いわゆる特約扱いとなっています。

主に山岳遭難時の遭難捜索費用や救助費用の補償を目的としていますが、中には死亡保障や入院・通院補償が付加されているものもあります。

その反面、携行品補償や損害賠償補償などがついていない商品もありますので、契約の際は商品ごとに内容をよく吟味するようにしましょう。

本格的な登山向けの保険

アイゼンやザイル、ロープ、ピッケルなどの登山用品を使用する本格的な登山向けの保険です。

遭難捜索費や救助費用などを補償するのはもちろん、雪崩や滑落、転落などの思わぬトラブルから、熱射病や高山病、心筋梗塞などの急病を原因とした遭難をカバーするなど、その補償は多岐にわたっています。

そのため、主に困難な氷壁や岸壁などに挑むアルパインクライミングや、ロッククライミングなどを行う人が加入しています。

補償範囲が広いぶん、軽登山向けの保険に比べて保険料金は割高になりますが、高リスクにも供えられる安心の保険と言えるでしょう。

なお、これら山岳保険は補償内容とは別に、1回限りの単発タイプと年間契約タイプの2種類にわかれています。

それぞれ補償期間が大きく異なるので、自分の年間登山回数や登山スタイルを考慮して選ぶようにしましょう。


モンベル
高性能登山用品・アウトドア用品の開発・製造・販売ならモンベル!
www.montbell.jp/

東京海上日動火災保険
信頼と安心の提供から、皆様の豊かで快適な社会生活をお手伝い!
www.tokiomarine-nichido.co.jp/

JRO
山を愛する人たちの相互扶助から生まれた"新しい事故対策"
www.sangakujro.com/