1回限りの山岳保険を比較

国内の山岳保険は年間契約タイプが主流となっていますが、中には短期契約できる1回限りの山岳保険も存在します。

1回限りの山岳保険の場合、一般的な国内旅行傷害保険に対する特約扱いになっており、主契約に任意で付加することが可能となっています。

特約と言っても、その補償内容は年間契約タイプとさほど変わらず、商品によっては登山に必要な補償を一通り確保することができます。

保険料も年間契約タイプに比べて格安で済むので、年に1~2回しか登山しない方や、観光の延長などで山登りする方は1回限りの保険で十分と言えるでしょう。

以下では1回限りの山岳保険を一覧にまとめて比較してみました。

保険商品 保険会社 補償範囲 救援者費用等補償 個人賠償責任補償 保険料
モンベル野あそび保険
モンベル
軽登山・ハイキングなど
300万円
1億円
1泊2日まで500円
(SA01プラン)
モンベル山行保険
モンベル
本格的な山岳登はん
300万円
1億円
1泊2日まで2000円
(SD01プラン)
国内旅行傷害保険
東京海上日動火災保険
軽登山・ハイキングなど
※別途特約を付加すれば、本格的な山岳登はんも補償可
150万円
3000万円
3泊4日まで2000円(Aプラン)
国内旅行傷害保険(団体契約方式)
木村総合保険事務所
一般登山
300万円
1億円
1泊2日まで1人あたり500円
(Aプラン・6名から契約可)
山岳登はん補償国内旅行書害保険
木村総合保険事務所
本格的な山岳登はん
200万円(プランB・D)
なし
1泊2日まで1人あたり2400円
(入通院なしBプラン・2名から契約可)
新・海外旅行保険off!
損保ジャパン
一般登山、ハイキング
1000万円(モデルプラン)
1億円
ヨーロッパ周遊8日間の場合、モデルプランで1日あたり2990円

1回限りプランの他に年間契約プランも取り扱っているモンベル木村総合保険事務所は、登山スタイルに合わせてプランを選べるところが魅力です。

補償内容も救援者費用等補償が300万円までと充実しているほか、保険料も1泊2日までなら500円とリーズナブルなので、気軽に契約することができます。

ただ、木村総合保険事務所は団体での契約が基本となっているため、1人または少人数で登山する場合はモンベルの『野あそび保険』または『山行保険』を選ぶとよいでしょう。

また、東京海上日動火災保険の『国内旅行傷害保険』も、基本の補償範囲は軽登山・ハイキングのみですが、特約を付加することで本格的な山岳登はんも補償対象とすることができます。

さらに、賠償責任保険携行品損害保険をオプション付加することも可能となっており、必要な補償を任意で選べば充実した山岳保険として活用できます。


モンベル
高性能登山用品・アウトドア用品の開発・製造・販売ならモンベル!
www.montbell.jp/

東京海上日動火災保険
信頼と安心の提供から、皆様の豊かで快適な社会生活をお手伝い!
www.tokiomarine-nichido.co.jp/

JRO
山を愛する人たちの相互扶助から生まれた"新しい事故対策"
www.sangakujro.com/