JRO

JRO

JROは、山での遭難・捜索、救助費用の補てんに特化した山岳保険です。

山を愛する人々の相互扶助の精神に基づいて作られた山岳事故・山岳遭難対策制度として、手頃な費用で大きな補償を提供しているところが一番の特徴。

登山スタイルや道具の有無などにかかわらず、山岳遭難救助にかかった費用を330万円まで補償してもらうことができます。

また、遭難防止のための対策も充実。都岳連との緊密な連携により、遭難事故を未然に防ぐための相談や講習会、研修・訓練、コンサル、救助隊の派遣なども行っています。

>>JROはこちら

リーズナブルな保険料

JROの魅力は、従来の保険や共済とは異なり、会員の相互扶助によるカバレージ制度を導入しているところです。

カバレージ制度とは、当年度に支払われた費用総額を年度末に全会員で公平に分担する制度のこと。

これにより、保険料は年間2000円+事後分担金のみに設定されており、一般的な山岳保険よりも少ない負担で大きな安心を得ることが可能となっています。

分担金は年度によって異なりますが、共済加入者総数が年々増加している現在、分担金額は600円~900円の低料金で推移しており、他社の年間保険に比べて高いコストパフォーマンスを実現しています。

どんな登山スタイルも補償

一般的な山岳保険の中には補償範囲が限定されているものも多く、登山スタイルによっては補償対象外となる可能性がありました。

その点、JROは国内の山であれば、フィールドや季節、道具の有無などを問わず、どんな登山スタイルでも補償OK

登山やハイキング、縦走をはじめ、アルパインクライミングや雪山、アイスクライミングなど、幅広い分野の登山を補償します。

もちろん、年齢や性別も問わず、誰でも加入可能。補償も1期間(1年間)と長い上、補償対象も救助にかかった日当、交通費、消耗品費、宿泊費、食費など多岐にわたっており、330万円までの実費をしっかりカバーできます。

詳細・ご注文はこちら

JROの口コミと評判

 

(20代/男性) 

やはり道具、季節を問わずカバーしてくれるところがいいですね。私は遭難・捜索費用の補てんのみ必要としていたので、保険料も安いJROは気に入っています。

 
 

(40代/男性) 

レスキュー費用に特化しているので、保険料が格安です。また、山岳事故専用の保険なので、他に比べて安心感も強いと思います。

 

JROの山岳保険内容

保険料

入会金
2000円
年会費
2000円+事後分担金(年度によって異なる)

補償内容

日本国内の山岳遭難における捜索・救助費用の330万円までの実費を補償

主な費目・・・日当、交通費、消耗品費、宿泊費、食費、関係者現場駆けつけ費用、遺体搬送費、謝礼費用

保険期間

年間契約
1年
短期契約
なし
JRO ⇒JROの公式サイト